遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2018/12/31【記事】買取り・リサイクル部

今回はGUCCI(グッチ)に関してのお話をしていこうと思います。

イタリアのフィレンツェで生まれたグッチオ・グッチが創業したイタリアのブランド

1921年に創設された老舗ブランドですが、お家騒動などにより大手企業に買収されました。

これにより、グッチ一族から経営側の手中へと切り替わりました。

オールドグッチ

ヴィンテージバッグが注目され、その中でも高い人気があるブランドがGUCCI(グッチ)

1980年代までの製品が【オールドグッチ】と呼ばれています。

保管状況にもよりますが、高値買取りが期待できる商品となります。

パオログッチ

創設者の孫にあたるパオロが、【万人にグッチを】という理念の元

大量生産/低価格化を打ち出したブランド。

GUCCI(グッチ)とは関係ないブランドになります。

大量生産/低価格化ということで買取価格も安くなることが多い商品です。

ハイブランド偽物が出回ってしまうのはもはや宿命と言えます。

買取りの際もコピー商品か本物かをしっかり見極めないといけません!

そこで今回、真贋ポイントをいくつかご紹介していきます。

Louis Vuitton(ルイヴィトン)CHANEL(シャネル)PRADA(プラダ)など

ハイブランドの共通する点として、高品質かつ丁寧な作りということ

手触りの質感、縫製、ロゴの刻印、ファスナーなど

縫製

・糸が丁寧に縫われているか

(縫い目が雑になっていたり、綻びなどある×

・商品によって縫い方にも特徴があります

ブランドのロゴ

バッグ/財布もレザー部分に「GUCCI made in italy」と刻印

・刻印が鮮明かどうか(※年代物の場合は不鮮明になる場合もあります)

GUCCIの文字にも見分けるポイントがありますので、

店頭などで本物の商品を一度よく見てみて下さい。

皮タグの型番数字など

今回はこの辺にしておきます。

店舗買取/出張買取どちらでも査定は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい!!

menu