遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/01/06【記事】不要品・生前・遺品整理部

【不用品整理.不要品買取り部門】

【遺品整理・生前整理部門】

お問い合わせを頂いたお客様の中でもご依頼内容はそれぞれ

依頼の中で住空間を整理したいという依頼が増えてます。

住空間の整理

子供と離れて暮らす年配の方が近年増加しています。

その過程の中で様々な理由から一人暮らしとなる方が多くなり

ひとり暮らし高齢者(独居老人)が約600万人、孤独死年間約3万人と増加。

少子化・高齢化・核家族化などが相まって一人暮らしの高齢者が増えたことで

孤独死やゴミ屋敷化』になってしまうケースが多くなり、

業者に依頼する【遺品整理】【生前整理】【老前整理】が注目され始めました。

各メディアでも終活に関するワードが多く活用されており、

住空間整理も上記と同様で今後の生活をより良いものにする為の環境整理。

まず業者を探す・選ぶ上で皆様が気になる点はどこでしょうか。

・料金(なるべく安い基本料金の業者など)

・信頼できる会社かどうか(実績件数など)

・対応が早い(見積りまでにかかる時間、作業に取り掛かる期間)

上記以外でも気になる点は多々あるかと思います。

整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー/住空間収納プランナー

大きく分けて活用するものや処分するものに分ける作業

これが意外とご自身で作業すると大変です。

『これはまだ使える』や『もったいない』と思ってしまって、

結局全然片付かなかったという経験が皆様にもあるかと思います。

何件も整理してきた経験などから片付けのプロの意見によって

分別もスムーズにいくかと思います。

鑑定士

ご自身で作業する際に、今後の生活に必要なものと処分するものに分別する作業に関しては

必ずしも業者に依頼した方が良いといったわけではありません。

ご自身で整理、収納することが得意な方もいらっしゃると思います。

しかし、処分する物の中から不用品として処分する物と不要品としてリサイクルに出して

現金化する物とに分ける作業に関してはご自身ですと難しく時間がかかります。

また、プロの鑑定士でないと正確な判断が出来かねる場合が多々あるかと思います。

その場合、特に買取り商品(品目)が多い業者は普段鑑定している知識がありますので

適正金額を付けないなどの心配は少なくなるかと思います。

買取金額が適正に出せることにより、依頼費用の手出しが少なくなったり、

むしろプラスになるなんて状況も御座います!

基本料金は他社と比べて安くても、適正の買取り価格ではなかったり、

不要品として買取できる商品も処分してしまうといったトラブルもあります。

また、見積り後の追加料金などによる金銭トラブル

下総七福堂では、お客様に寄り添う気持ちで親身ご対応させて頂いております。

分からないことなどはその都度、丁寧にご説明させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい!

今週のお問い合わせ頂いた地域!

船橋市、市川市、千葉市(花見川区)、松戸市、墨田区

他のエリアでもお問い合わせをお待ちしておりますので、

お気軽にご相談下さい!!!

menu