遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/01/12【記事】買取り・リサイクル部

店舗買取/出張買取り/遺品整理/生前整理で共通して

買取りが多い商品が切手になります。

プレミア価値が付いている切手、海外切手以外にも

使用済み切手でも価値がある物もあります!

切手ブック事、査定して欲しい方でもぜひお問い合わせ下さい!

もちろん通常切手のバラからシートまで買取りしております。

中国切手は1970年頃の切手がプレミア価値が付くことが多々あります。

イギリスは元々切手の発祥の地とされ、昔の年代物にプレミア価値が

付くことが多いです。

では、日本の切手はどうでしょうか。

昭和40年代から50年代にかけて記念切手の発売日には長蛇の列ができるほど、

購入される方が多かったといわれ、プレミア価値が付く切手はこの年代の物が

多いとされています。

シール切手は査定金額が下がることが多いですが、

当店では高価買取しておりますので、現金化を検討されているお客様は

ぜひ、当店にて査定してみてはいかがですか?

先日、千葉市中央区在住のお客様よりお持ち込み頂いた古銭に関連して

《二分金》のご紹介致します。

明治ニ分金

まず二分金と言われてもあまりピンとこない方の為に説明します。

江戸時代後期から明治時代初期に流通したお金のことで、

小判と言われれば皆さんご存知かと思いますが、

小判は一両で、二分金は半分の1/2両にあたります。

正式名称は二分判と言われ、真文二分判や草文二分判、安政二分判と

作られ、保存状態に問題がなければ買取価格に大きな差は出ません。

しかし、最後に発行された明治二分金に関しては現存数が多く、

希少価値は低いことから買取価格が他より安くなることが多いです!

切手や古銭以外にもカメラ/お酒/食器などの買取りもしておりますので、

お気軽にお問い合わせ下さい!

menu