遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/01/21【記事】不用品・生前・遺品整理部

【片づけを行う事のメリット】⇒【業者に頼む理由】

孤独死や核家族から派生した社会問題もあり、断捨離という言葉もテレビで良く飛び交っております。
『故人の片付けを行う遺品整理』『事前に片付けを行う生前整理』『若い内から片付ける老前整理』
自身もそろそろ整理しないとなと、このフレーズを聞きピンと来るタイミングの方も多いと思います。
片づけはご自身で行おうとしたら、重労働でお時間も手間もかかり腰が重くなる作業、中々思いきれません。
プロへ依頼は経費が結構かかるのでは・・とイメージが先行し思い留まっている方も多いのではないでしょうか。
しかし実際はプロに整理を依頼すると買取り面でも、効率的にも経費を抑えるorプラスになる事も多いもの。

~効率~
『卒業アルバムや昔の写真を見てたらその度に手が止まって作業が進まない』
『漫画を整理してたらいつの間にか読んでしまって整理が進まなかった』
これは良くある思い出や懐かしく出てきた物に浸り作業が進まないあるあるの内容。
『価値がある物や残すべき物が分からず処分しなかったら、物が半分も減らなかった』
『ダイエット出来たら着よう』『未使用だから十年使ってないけど残そう』
物には賞味期限が無いので基準は自身で決めないといけないのが物の整理の難しさです。
『自身で行うと大量の不用品ゴミや粗大ゴミも玄関先まで持っていかないといけないし現実的じゃない』
労力面でも2名で持つような不用品でなくても大量だと、若者でも途方に暮れる作業です。

~費用/価格~
新品や古物品で『素人でも値が付きそうと分かる物』『これに値が付くの』という不要品もあります。
自身で行うと[気付かず捨ててしまう]又は[買取り店に持っていく]と手間も費用も安心な流れではありません。
これは買取りが外注の片付け業者、整理業者も同じ事がいえ、最終的に買取額からくる費用に影響する事も。

~物や資源を大事に~
日本も高度経済成長から物やゴミが溢れていきましたが、資源も限りがあり地球環境も悪化しました。
自動販売機の量は世界一なのにリサイクルする為の返金自動販売機は一切見かけない日本はまだ遅れてます。
エコ(環境考慮)やリサイクル(再利用)を考えると、年配の方々の物を大事にする気持ちを大事にしたい所です。
・着物は海外の卸ルートも使い、又は生地の再利用でバッグに変え国内で販売したり
・子供服、ベビー用品、ランドセルなど、欲しい人の手に渡ったり形を変え販売したり
古物やリサイクルや物の価値を大事する私達としても使える物は使う人へ橋渡しする意識を大切にしております。
値が付いたお客様も、安く手に入った需要先も、片付け整理、買取る整理で心のスッキリにも繋がります。

タンスの中から引っぱり出すと想定以上の量と気付く事が多いです


《遺品片付け、遺品買取、遺品処分》《不要品片付け、不要品買取、不要品処分》
かたづけ、買取り、物の処分、お客様の要望や用途に合わせ作業内容を組み立てていきます。
「遺品整理のアドバイス」「終活のカウンセリング」も当店の片づけ作業員にご相談頂けます。
当店の住空間の整理は、買取り力、かたづけ力、で東京千葉のお客様から信頼頂いております。

千葉県船橋市の本店では実績買取り店として営業中。
接客鑑定士、作業員による卸作業、オペレーターと活気ある店内です。

menu