遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/01/22【記事】買取り・リサイクル部

『引越しで古い家電を処分したい』
『使用してなく場所を取る家具を捨てたい』

引越し準備や大掃除で断捨離処分する事が多い「粗大ごみ」「電化製品」「日用品」の不用品ゴミ
当店の手元に届く不用品も「新品」「新古品」「使い古した中古品」とその状態は様々な物になります。
『これは欲しい人は居ないだろう』という不要な物でも、世の中にはそれを必要とする方も要るかもしれません。
ゴミと決めて捨てる前に、ゴミ処分会社に頼む前に、物の価値が分かる作業員に見てもらう処分が大事です。
”不用品””ゴミ”と決めつけず、《リサイクル処分》《不要品買取》に強い片づけ業者をお探しするのがbest。

圧力鍋やLE CREUSETのような調理器具はお値段も付きやすいです


【実績】

店頭買取や出張買取の買取り.リサイクル部や、片付けや処分も行う不要品.遺品.生前整理部では
・古美術等のアンティーク
・生活雑貨含め需要価値がある不要品
と歴史的価値ある物から安価な物まで幅広いリサイクル品に対する査定や買い取りのご依頼を頂いております。

【安心】
生前.遺品整理などの片づけを伴う案件も、ご提示頂いたリサイクル品のみを買取る案件も
常にお客様目線に立ち作業をする事から、料金、速さ、丁寧さの三拍子をお約束致します。
=料金=
低価格、お見積り無料、明朗会計
=早さ=
即日対応、プロのスピード作業
=信頼=
古物鑑定人在中、整理整頓のプロが行う作業


【当店の色】
「片付け、又は不用品の処分は料金どの位かかるの?」
「片付け、又は不用品の処分はどんな業者が安心なの?」
「片付け、又は不用品の処分はどういう人が来るの?」
《ジャンルに特化した鑑定人が在中》
《常日頃、古物取引を行う買取実績店》
《鑑定人や整理整頓のプロが不要品処分》
・リサイクルショップでも買取りが難しい生活日用品など
・資産となる歴史的価値ある物からブランドまでの鑑定力
=見落とさない目利き力、買取額や買取品幅に差が出ます。

【依頼内容】
《遺品整理.生前整理.ごみ屋敷等の住空間整理》
・仕分けや片づけが必要な際は1Kで基本料4万円~(値が付きやすい買取額によりお客様の支出が減ります)
《出張買取.不要品リサイクル処理》
高値が付く古物品は基本料なくお客様のお受け取りのみ、価値が低い不要品を処分したい際は(リサイクル買取処分)
・目安として軽トラ満タン量で基本料パック2.5万円~(値が付きやすい買取額によりお客様の支出が減ります)
※基本料=作業人件費、交通費、運搬費、保管費等全て含む
※お見積もり後の追加料金や後日請求などはございません


~よく依頼ある不要品~
・衣類、引き出物、食器、や電化製品の日用品
・冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ソファーの家具家電
・切手、古銭、絵画、骨董、カメラ、置物の古美術品
・仏壇、貴金属、宝石、時計、バッグの古物品
タンスの肥やしになっている物があれば
着物、ベビー用品、自転車など何でもご相談ください。

menu