遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/01/29【記事】買取り・リサイクル部

「趣味の習い事で茶道具を集めてた」
「嫁入り道具で昔は茶道してたのよ」
ご自宅の不要品整理で趣味品を買取るケースがありますが、茶道具も多いです。
女性の趣味といえば《茶道》《書道》《華道》《着物》《楽器》でしょうか。
年配の方は古き良き日本の伝統として和を極め、美しくなる事に人気がありました。

【茶道具】
《遺品としても処分に困る趣味品》
「趣味で大事にしていた」「夢中に集めた」愛用品同様処分方法に迷う物。
・昔茶道を教えていた/祖母が茶道を習っていた/頂き物の茶道具類
両親から受け継いだ一軒家に住む方はタンスから出てくる事も多いです。
「大事にしてくれる人へ譲りたい」「高価な物なので現金にしたい」
コレクターも居る茶道具は、良い物には値が付くかもしれません。

《茶道具も種類多様》
茶道具の花瓶もあったり、揃える種類も流派により異なったり様々。
お茶を点てる点茶から装飾まで種類があり、国産から中国品まで幅広いです。
絵画と同様、状態、作家品か、書付か等で査定の値付けに関係してきます。

【書道具】
《茶道や華道と並び男女に人気だった書道》
漢字や習字は中国からの伝統、日本では江戸時代で本格普及された奥深い物。
パソコンの時代の現代は薄れてきましたが、習字を習う事が文化の一つでした。
「蔵から出てきた」「先代が書道が好きだった」と不要品として良く見ます。

《書道具の四宝》
日本や中国で作らてた硯、付属する墨や半紙から彫刻された印材等が書道具。
歴史的価値ある物、素材の希少性、有名な方が作った物、お宝の値が付く事も。

【華道具】
生け花は花を愛し生ける姿、アレンジ出来る姿は女性として美しいですね。
茶道具は花の根元を固定する道具、枝葉を切る道具、そして花器等と種類は様々。
その歴史は古く、様々な流派も誕生し、価値ある物が隠れている事もあります。

【ピアノ】
「小さい時によく弾いた思い出の品、どう処分するのか」
「引越しや家族が増えてスペースの問題で処分したい」
電子ピアノも含めると昔ながらの習い事品として1/3世帯が自宅に眠ってます。
重いし大きいし吊るして運び出すにしても大仕事で処分に困る趣味品の一つ。
グランドピアノ、ヤマハのピアノ、海外のピアノと需要と価値は幅があります。
・時代と共に常に進化している事で、新しい物が市場では人気ある傾向
・歴史を感じさせる古い昔のピアノもアンティーク品として買い取りも


《自宅で出る不要品はガラクタでも価値ある物もあります》
・店頭へのお持ち込みも多い、ブランド品や貴金属の資産需要ある物
・家の不要品整理で多い、歴史を感じる切手や古銭のアンティーク価値ある物
・家の整理で主に出る品、趣味の鉄道模型にプラモデル、習い事で使った不要品
日用品から大事な物まで、買取りや処分は一点からでもお気軽にご依頼頂けます。


『片付けを行う遺品整理、生前整理、不用品整理』
『ご自身での片付け後の不要品処分/買取、不用品処分/買取』
買い取る整理をベースに行う当店は、地域の皆様にご信頼頂いております。
東京千葉でかたづけ処分、買取処分をご検討の方は当店にご連絡ください。

片付けを要さない処分は積み込み安心パックもご用意しております(軽トラ/1t/2tパック)

少量からも受け付けてます。

menu