遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/02/02【記事】買取り・リサイクル部

「平成最後の・・」という言葉が流行り飛び交っている現在
・ツイッターやインスタのハッシュタグ
・有馬記念の発走前の映像で小渕総理の映像が流れる
など、テレビや雑誌等のメディアでも盛んに飛び交うフレーズです。

[平成最後の貨幣セット]と[新元号の貨幣セット]

【貨幣セット】
毎年元号毎に1円5円10円50円100円500円の現行硬貨が一枚づつ入った貨幣セットが造幣局で作られます。
限定枚数での発行の為、記念硬貨の収集家が多かった時代は貨幣セットも購入し集められた方も多いです。
・コレクターが発行開始から年々集め、収集を辞めた際に売りに出される方
・お洒落な頂き物の記念品として手に入れ、売りに出される方
当店にも店頭買取、お客様宅での不要品買取共によく買取りする商品の一つとなっております。
現行硬貨の為、額面の666円の価値は保証され、後は希少性につきプレミアが付くか否かといった商品。
以前言われていた「昭和64年は期間が短く価値が上がるのではないか」
平成への移り変わり時に期待されましたが、平成から新元号への移行で今回はどうなるのでしょう。


貨幣セットも種類がありますが記念に作られた
・「造幣東京フェア2011」「造幣東京フェア2015」等は中古市場で価値が高めです

赤ちゃん誕生の写真を横に飾れる
・「平成31年銘記念日貨幣セット」はプレゼントや内祝いとしてもお洒落ですね

プレミアの期待を考えるなら
・「平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)」

プルーフとは当時日本の技術をふんだんに使い作られた加工で、自然と手にする硬貨ではなく、浮き出したような綺麗さで人気。
発行枚数に限りあり申込期間も短い貨幣セット、現在「平成最後の貨幣通貨」が申し込み殺到で初抽選かと言われております。
店頭の古物査定、出張買取の不要品査定共に無料の為、収集を辞めた方はコインに価値があるか査定されてみては如何でしょうか。


【リサイクルに強い実績が、安心の整理を提供】
遺品整理(遺品片付け/遺品買取/遺品処分)
不要品整理(不要品片付け/不要品買取/不要品処分)
汚部屋整理(ゴミ屋敷整理含めた不用品片付け/不用品買取り/不用品処分)
出張買取(査定/買取り)
片付けを行わない不用品処分(トラック積み込みパック料金もご用意)
ご自身で家の整理をされ、「運び出し、運搬、処分、買取」等を希望の方は安心パック料金もご利用ください。

遺品/不要品/不用品の処分は、即日対応0円/お見積もり0円/曜日指定0円/時間指定0円
オペレーターが誠心誠意対応致しますのでご要望がありましたら、お気軽に申しつけください。

片付け作業無しの『軽トラプラン、1.5tプラン、2tプラン』の安心パックあり。
不要品不用品は1つからでもお気軽にご利用頂けます。

menu