遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/02/15【記事】不用品・生前・遺品整理部(自身/業者の片付け)

【不用品整理/不用品買取り】
<断捨離><終活><遺品整理><生前整理>
メディアでも年代問わず身の回りの片付けに関する言葉が飛び交っております。
<ゴミ屋敷><汚部屋><空き家><引越し>
作業場所の用語も様々な言葉が片付け意識の高まりによって聞かない日はありません。
<仕分け><分別><運び出し><整理><買取り><処分><手続き><運搬>
片づけや整理とは上記個々に当てはまり、用途に合わせ作業内容も変わってきます。
ご依頼あるお客様からは「片付けられない」との言葉を良くお聞きします。

【業者にご依頼される際】
体力「運び出しが重い」「不用品量が多い」
時間「仕分けの時間が取れない「一気に処分したい」
金額「価値が分からない物、売りたい物の資産整理もしたい」
片付け業者に頼む時はこのような理由でご検討される方が主です。

綺麗なお部屋の整理も、散らかるお部屋の整理も、女性のお問い合わせが多いです。
業者に頼む=年配というイメージがあるかもしれませんが、若い方も多いのが実情。
「女性なので家で整理されるのは抵抗ある」「汚くて見せるのが恥ずかしい」
かたづけを考えるも放置してしまってた方は、このような原因の方が多く見られます。
<生前/遺品整理業者><不用品回収業者><便利屋業者>
どの業者も、ゴミ屋敷やゴミ部屋と呼ばれるような家の整理を日々経験しております。
「近所の人にばれるのではないか」「夜逃げと思われるのではないか」
どの業者もよく頂くご相談により対応出来るので、全く気にされる事はありません。

【ご自身で物の整理行う際】
1.軍手/マスク/ゴミ袋/段ボール/ハサミ/掃除用具をご用意しましょう。
2.残す物を決め、迷う物はここ1年使用したか、保留品は段ボール二箱まで等のルール決め
3.粗大ゴミは自治体に手続きを取り、大量だと一気に回収出来ず、収集日事に運び出す
※燃えるゴミは5袋以上などある際は粗大ゴミになり処分費用もかかります
4.リサイクル家電の手続きをし、決めた日程の直前に収集場所まで運び出し
※自身で行う際も業者が回収する事になります
5.買取り希望品をリサイクルショップ、古物買取店に種類別に持っていきます
6.清掃

【プロのサービス】
要望の打ち合わせ、仕分け、手続き、運び出しの片付け代行作業はもちろんの事、
リサイクルショップ、買取店運営の当店は買取りまで一連の流れでご提供出来ます。
「勝手に捨てる」「処分したくない物を捨てられた」
ゴミ収集、ゴミ回収の業者だと、お客様から指定された物はゴミに投げ捨てます。
生前・遺品整理業者は全ての不用品を素早い中で丁寧に扱うのでご安心ください。
捨てる/処分しないの判断は作業前にお客様の要望と弊社の経験を元に打ち合わせます。

本店は千葉県船橋市、東京千葉全域即日対応可能です。

menu