遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2019/02/20【実績】不用品・生前・遺品整理部(片付け処分/習志野市)

千葉県習志野市
作業案件:遺品整理
作業要望:片付け有り
依頼詳細:5LDK一軒家の1階3部屋

~お問い合わせ~
「遺品整理を家族でしてたけど、量があり過ぎて、ゴッチャゴチャで訳が分からなくなり・・」
実際ご自身で進めてみると、何か月あっても終わる気配がしないと現実を実感するケースが多いです。
・想定以上の量で手に負えない
・色々な物が出てきて残す捨てるの判断が難しい
今回のご依頼は「体力と時間がいくらあっても足りないと片付け業者を探す事に」という内容でした。


~お見積り~
千葉県習志野市は船橋と幕張に挟まれたエリア、今回津田沼駅付近にお伺い致しました。
今回一軒家の片付けで業者を探し、3社問い合わせた中で対応良かった2社に見積り依頼との事。

近くに住む娘様と親族の2名で遺品片付けを行い、半分の部屋の不要品を引っぱり出してみたようです。
お客様「不用品の量も種類も多く、どうして良いか分からない、自分達でやると何か月かかかるね」
お話を伺うとご家族で2階の2部屋をまず片付け始め、お部屋が不要品で溢れかえり断念したようです。

物を大事にする世代の方は物が多い物屋敷、引っぱり出すと散乱しゴミ屋敷のような状態になります。
お客様「なんでこんな物捨てないで取ってあるのか・・ゴミのような生活日用品がタンスに詰まってて」
生前整理でご自身の物でも、何を捨て何を残すか迷い手が止まるのに故人の物となるともっとです。
しかし最後の片付けを手伝いたい気持ちも残り、費用も節約したい気持ちもあるとご相談受けました。
1階の3LDKは作業員に任せ、2階はこのままご自身で進める流れをご提案し、その形で収まりました。
「お値段、作業の工夫と親身に対応して頂いたので」とご感想頂き、即日対応の翌日で組む事に。


~作業~
物の量、状態、環境など踏まえ、作業員が行う1階3LDKの間取りだと仕分け梱包も含め1日半の作業。
依頼者と打ち合わせをし、2階の片付けを行う際の手順をアドバイスの上、作業が始まりました。

・不要品の仕分け<処分希望><保留><残す>
・不用品の分別<可燃><不燃><家電><粗大>

2階のお部屋も迷いが無くなった事で早いスピードで片づけが進んでおり、お客様も楽しまれてました。
生前整理はもちろんの事、遺品整理も暗い気持ちで行うのではなく、明るい気持ちで行う事も大事です。

終活知識に詳しい作業員、そして古物やリサイクル知識に詳しい作業員が加わる事で
「粗大ゴミとして捨てようと思ってた不用品から買取り品が出ると思ってなかった」とご感想も頂きました。


~1月2月でお問い合わせ多い案件~
1位=引越しによる不用品回収
2位=遺品整理(空き家整理/ゴミ屋敷整理含む)
3位=生前整理(同上、空き家/ゴミ屋敷の片付け含む)
引越し繁忙期により不用品片付け案件も多く頂いております。
古物買取店運営の為、片付け中に出た需要ある品はその場で還元致します。

menu