遺品や不要品の仕分け、かたづけ、買取り処分の専門業者

ブログ

blog

2020/06/30遺品整理業者を比較する方法とは

遺品整理業者を比較することは、信頼できる遺品整理業者に依頼をして、納得した遺品整理を行う上で大切です。

今回は遺品整理業者の比較する際の3つの方法をお伝えしていきたいと思います。遺品整理業者の比較する方法を実践して、安心して依頼できる遺品整理業者を探せるようになりましょう。

・遺品整理業者のお見積り時の対応力を比較する

・遺品整理業者のお見積り書を比較する

・遺品整理業者の比較サイトを活用する

遺品整理業者を比較する際の3つの方法とは上記の通りになります。それぞれの方法を解説していきましょう。

まず1つ目の遺品整理業者のお見積り時の対応力を比較するという方法では、電話やメールでお問い合わせをして現地にお見積りに来てもらった際の対応力や態度を比較します。

例えば、まずは服装や髪形、言葉遣いが不快感を与えないような状態だったかを比較してみます。スーツでお見積りをしてくれる遺品整理業者もいますが、お見積りの際に汚れてしまうことを考えると必ずしもスーツである必要はないでしょう。しかし、作業着でのお見積りだったとしても汚れの少ない作業着かどうかなどは比較できるはずです。

またお見積りをしてもらった際に、「庭にある物置はどうされますか?」「仏壇や神棚はどうされますか?」「こうやってお見積りを行っていきます」のように遺品整理の作業内容を真剣に質問をしてくれたり、お見積りを行う流れを説明してくれるような遺品整理業者は丁寧で安心できるといえます。「じゃ、お見積りさせてもらいますね」という一言だけで終わってしまう遺品整理業者が必ずしもダメという訳ではありませんが、依頼者としてはしっかりと話をしてくれる遺品整理業者の方が比較した時に安心感を得られると思います。

必要に応じて、依頼者自身からも「これは買取して欲しいのだけれど、買取できそうですか?」「このピアノを自宅まで運んでほしいんだけど、対応できる?」のようにお願いしたい事や疑問に思っている事があれば積極的に話をするようにしましょう。親身になって相談に乗ってくれるかどうかも遺品整理業者を比較する上で大切な点です。

2つ目の比較方法は、お見積り書を比較することです。遺品整理業者から貰ったお見積り書を比較して、どのような項目に費用が掛かっているのか、追加料金が発生するとしたらどのような場合か、などが記載されているかを確認します。

「お見積り書=契約書」でもありますので、お見積り書に書いてあることはちゃんと読み込むようにして、「見ていなかった・・・」という事が無いようにしましょう。お見積り書に記載がないけれど気になること、例えば「遺品整理の後に清掃を行ってくれるのか」「仏壇や仏具は供養してくれるのか」などについては、遺品整理業者に質問をするようにしましょう。そして必要に応じて、追加料金になりそうであればお見積り書に追記してもらいましょう。

お見積り書を比較すると「この遺品整理業者にはこの項目があるのに、こちらの遺品整理業者には項目が無い」といった違いが発見できます。違いを発見して気になるようであれば、そのお見積り書を提出してくれた遺品整理業者に尋ねてみるのが良いでしょう。

遺品整理業者を比較する方法の3つ目としては、遺品整理業者の比較サイトを活用することです。遺品整理業者の比較サイトとしては「オコマリ」が有名ですが、それ以外にも遺品整理業者の比較サイトは山ほどあります。

遺品整理業者の比較サイトを活用すると、遺品整理業者をホームページ上で比較検討できたり、どのような遺品整理を行いたいかを伝えれば最適な遺品整理業者を紹介してくれたりします。

遺品整理業者を比較すること自体は大変ではありませんが、実際の遺品整理業者の質については依頼をしてみないと分からないですし、依頼すると料金が発生してしまって「やっぱり止めてください」といえません。

遺品整理の料金は安くても30,000円くらいはしますので、後悔の無い遺品整理を行うために遺品整理の比較サイトを活用するのも1つの手でしょう。

遺品整理業者を比較する方法を3つご紹介してきましたが、読んでみて自分が実践したいなと思った方法を活用してみてください。

七福堂では東京や千葉全域で即日を含めて遺品整理に対応しておりますので、迷った際にはぜひ弊社までご連絡くださいませ。

menu